『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『くじら』
きょうは、ちょっとかたいおはなし。。


最近、毎日のようにTVやラジオのニュースで日本の捕鯨バッシングが流れてます。。
きょうは、朝仕事がおわったあと、これについてオージーのボスたちとお話しました。。


しかし、恥ずかしながら日本人としていまいち理解できないのが、なぜ日本人はわざわざこっちまできて鯨を調査しているのか。。。なんのための調査なのか。なにを調査しているのか。。殺さないとできない調査なのか。。。ということ。


法律の範囲内で行っていることらしいですが、いまいち明白ではない。それで、鯨を増やすとか、生態系を守るために行っているとか、この調査によってこんな効果があるちか、なにかあるのであれば、こちらとしても胸をはっていえるのだけども。。うーん。もっと調べなきゃだめかしら。。だれか知っている人いたら教えてください。


日本にいるときは、こんなにも外国から非難をあびているなんてまったくしりませんでした。というか、こっちにきてからのほうが、色々日本のことを知るようになった気がします。


これ、日本人若者(?)の典型的な悪い癖かなあ。。自分の国に無関心。。愛国心少ない。。でも、それが逆に柔軟性とかにもつながるからすべてが悪いことではないのだけれども、でも、こっちにきたら、わたしが日本人だからって、日本のことを色々聞かれます。それに答えれないのは、恥ずかしい。


保護団体の行動もやりすぎの感はあるけれども、いまは日本がただ調査のためとだけ言うのではなく、世界が納得いく説明と行動をしてくれることを望みます。


冗談でも、「stop killing whale」といわれるのは、あんまり気持ちのいいもんではないですから。。(食べたことあるけど。。。おっと、これは言ってはならんですね。)


なんか、かたくなっちゃったわー 。。。



お、そういえば、うちのボスは今回ヨットの世界選手権がメルボルンであることを知っていました  。オーストラリアのオリンピック選手もこの大会できまるということも。。。



なんか、全然ヨットには無縁の人なのにすごいわー。わたし、つい最近までしらなかったのに 。。


どうやら、どこの国もこの選手権が最終選考になるので、熱い戦いになりそうです。


いま、bigbearと双眼鏡を買うべきか検討中。。。
Tシャツ買わなきゃ買えたかな。。。

スポンサーサイト
【2008/01/18 17:54】 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<脱皮 | ホーム | 毎日吹いてます。。。>>
comments
--突然にすみません。--
LITTLE BEARさんの趣旨に
反するようでしたら
削除していただいて構いませんので
思うところを述べさせてください。

日本の「調査捕鯨」は、
オーストラリアを含む
70カ国以上が加盟している
「国際捕鯨委員会」の条約に
もとづいています。
この委員会の主目的は
「捕鯨産業の発展」です。
「“鯨保護”委員会」ではありません。

この委員会では約20年前に
「商業捕鯨」を“一時”禁止しました。
鯨が減ってしまい、
このままでは捕鯨産業どころではないので
増えるまで捕るのをやめようということです。

では、その後、鯨は減ったのか増えたのか。
さらに、今後、「商業捕鯨」再開をしたときに
鯨を再び絶滅の危機にさらさないためには
どうしたらよいか。
そういったことを検討するのに
必要なデータを集めるため、
日本は「調査捕鯨」を行なっています。

> 殺さないとできない調査なのか。。。
という疑問はもっともだと思います。
http://www.whaling.jp/qa.html#05_01
からの受け売りですが、
実際に
殺さないと調べられない項目が、
少しあります。
現実的(資金や労力など)に考えて
殺さないと調べられない項目が、
たくさんあります。
それから、
日本は殺さない調査も行なっています。

現在、日本のデータをもとに
「国際捕鯨委員会」が分析していますが
ミンククジラという種類は
数十万頭いると考えられています。

日本は
クジラを絶滅させたいわけではありません。

人間は、かつて、やみくもに自然を開発して
多くの生き物を絶滅させました。
今も、そういう傾向は確かにあります。

けれども、これから先のあり方として
鯨を守りながら、しっかり管理して
人間に必要な量だけ利用していく、
そういう「持続的利用」を
実現させたいと考えています。

ちなみに、
わたしは「消極的に捕鯨賛成」の立場です。
鯨が絶滅しないということを前提に
捕鯨したい人たちを
「強制的」に止めることはできない。
という立場です。
ですので、これまで述べたことは
捕鯨賛成という視点からの
バイアスが掛かっているかもしれません。

あまり参考にならないかと思いますが
以上が、わたしの理解しているところです。
長文失礼いたしました。
【2008/01/18 20:24】 URL | 通りすがり #IM8zPMG.[ 編集] |
----
通りすがりさん
ありがとうございます。
コメント頂いたものと、教えて頂いたサイトを見てすべて私の疑問は解決しました。
悲しいことに、こういった日本サイドからの情報はオーストラリアではまったく入ってきません。このサイトにあるように、商業用のかくれみのとか、隠れていっぱいとっているとか、誤った情報ばかりが流れています。(実際どちらが正しいのかは陸にいる私たちにはわからないですが・・・)


そして、問題は古来から鯨を食べる習慣のある日本とそうでない欧米各国のくじらに対する見解の違いにもあるようですね。。
そこの部分の相互理解が深まらない限り、この問題は続きそうです。。
でも、昔は日本の寿司や海苔も拒絶されていたのに、いまや世界中で大人気だし、かわっていくかもしれませんね。
【2008/01/19 14:17】 URL | littlebear #bCpyViaU[ 編集] |
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://bakerbear.blog105.fc2.com/tb.php/68-ac91f631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。