『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『検査結果』
やっと検査結果がでました。


結局、一回目の検査ではわからず、2回目の検査で発見されました。


クリプトスポリジウムという寄生虫​が原因らしいです。


みたこともきいたこともない名前・・・
宿主の便から、それに触ったものや食品から、それを含んだ水、などから感染するらしく、過去には水道水やプールでアウトブレイクしたことがあるらしいです。


プールには行ってないし、水道水だったらまわり全員感染して大騒ぎになっているはずなので、おそらくはどこかで食べたもの。一体どこで・・・。


現在はこれに有効な薬はないらしく、自然治癒に頼るしかないので、いまはただおなかに優しいものをたべて耐えるのみ。


とりあえず、原因がわかりほっとしました。
下痢も昨晩から止まっているので、明日から仕事復帰です。


さて、お仕事モードに時間も頭も切り替えなくっちゃ。
スポンサーサイト
【2011/07/23 12:31】 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(4) |
『おなかPP』
先週の土曜日から、なにかしらの胃腸の病気にかかっております。


はじめの2日間は15~20分おきのトイレ通い。。
その後も30分おきであったり、食べた後や起きた後は相変わらずおなかPPです・・・。


風邪にはなったことあるけれど、いままでほぼ自力で直してきたんですが、今回だけは原因不明、直る気配なしでかかった2日目にたまらず病院へ。


しかも、日曜日だったんで、いつものドクターのとこがお休みで近所の7Daysあいてるとこに。。


待つこと約1時間半、診察4分・・・。「胃腸炎ですね。」食べるものの注意書きと会社を休むための診断書のみくれました。それだけ???


まあ、2日も経てば直るでしょうと、たかをくくり、とりあえずその日のお仕事はお休みして、おかゆでしのぐことに・・。


しかしながら・・・4日たっても症状は変わらず、むしろ腹痛や微熱も発生。


なんかこれおかしい。


そう思って、いつもみているお医者さんのところへたまらずかけつけました。
このお医者さんにはちゃんとみてもらえ、おなかもチェックし、4日間もこの状態が続くのはおかしいといわれました。


・・・で、

bio hazard2


ちゃんとした検査を行ってもらえることに。。
こちらは検査キットのバッグ。
Biological Hazardって。。なんかすごい。
結果は木曜日にでます。


それまではおかゆやスープ生活。


あーーー。パンチの効いた脂っこいものやからいものが食べたいーーーー。
目の前でワインを飲み、明太子やうなぎをおいしそうに食べるBigbearがにくい。。


それにしても、今回で感じたのは、医者選びには注意しないといけないということ。
はじめにいったとこは本当に急患でないかぎり、ちゃんと見てもらえずただ流されている感じでした。


あと、薬のことももっと自分で聞いたりしないといけないみたいです。
メルボルンのかあちゃん曰く、こっちは日本とは違って抗生物質を原因がわかるまでくれないから、必要と感じたら自分で言わないとだめだよ・・と教えられました。。いい意味で変な薬はださないけど、検査の結果を待っている間に病状が悪化することもあるのだとか。日本は逆に、弱めの抗生物質を先に出し、それで効かなければほかの薬を出すというふうらしいです。


いままで、病院へいくと、お医者さんのいいなりになっていたけれど、自分の体のことや薬のことを知ることがとても大事なんだなぁと教わりました。


とりあえず、いまは病院の先生に教えられた薬をのみ、痛みはないのですが、早いとこおなかPPも治ってほしいです。


それにしてもこんなに仕事を休むの、こちらにきてホリデー以外はじめてです。
むしろ日本でもこんなに病気で休んだことないかも。


でも全然楽しくない。
早く元気になっておいしいもの食べて遊びまわりたーーーい!!


【2011/07/20 04:54】 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(4) |
『わんここわんこ』
小さいころから犬とか猫とかウサギとかハムスターとか、とにかくふわふわの毛のあるものが大好きだったんですが、アパート暮らしのためなかなか飼うことができず、ときどき無性に「犬の散歩に行きたくなる病」にかかっていました。とくに仕事でストレスのたまったとき・・・あのあったかいふわふわをなでまわしたくなります。


その病気を治してくれた救世主、



taro1.jpg


たろうくん。


お世話になっているご家族の一員、1才になるわんこちゃんです。


時々、散歩へ行かせてもらってるんですが、すごいかわいくて完全に癒されています。


taro3.jpg


ヒーリング犬っていうのも最近はいるらしく、介護施設とかで、犬や猫が孤独な老人の心を癒すという話を聞いたことがあります。


言葉を話さない動物ですが、彼らの全身を使ってあらわす「好き」という気持ちは完全に純粋なもの。日ごろ人がどう思っているとか、そういったことを気にしすぎな私にはこういう裏表のない愛情にすごく心を落ち着かせられます。


早くわたしも犬が飼える庭付き一軒家に住みたいなぁ。
まあ、まだ遠い話ですが。
【2011/07/01 22:52】 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。