『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『New オーナー その後』
どうやら新しいオーナーとマネージャーとの給料の交渉は成立したようです。


とりあえず、ベーカーたちは確保しておこうという計画のようです。が、なにを考えているかわからない人なので今後どうなるやら。


まあ、これで新しい職探しをせずに済むし、イースターまではがんばってホットクロスバンを作ります!

スポンサーサイト
【2011/03/26 14:03】 パン屋のこと | トラックバック(0) | コメント(3) |
『New オーナー』
今月いっぱいで、私が働いているパン屋さんのオーナーがかわることになりました。


いままでのオーナーは、モデル並みに美しいすてきなお姉さまで、いっつも私のことを気にかけてくれて、大好きな人だったんですが、もうひとつやっているマタニティウェアのお店に専念したいということで、パン屋のほうは売ることにきめたようです。


早速、次の買い手がきまり、その人とミーティングがありました。次は小さなはげたおじさんです。いや、まあ見た目は関係ないんですが・・・。はじめてお店を開くということで、かなり張り切っていて、ちょっとプレッシャーを感じました。


まあ、彼はベーカーではなく、お店の運営のほう専門でやっていくみたいですし、スタッフは全員キープしてやっていくとのことなので、あんまり心配はしていなかったのですが。


今日、朝働いていたら、ショップのマネージャーをやっている女の子の目が真っ赤。彼氏とけんかでもしたのかと思って、一応「大丈夫?」って聞いたら、昨日いきなり新しいオーナーにくびを宣告されたとのこと。


これにはかなりびっくり。先週ショップの子が新しいオーナーとミーティングをしたときはなんにも行ってなかったし、全員のユニフォームのサイズまで聞いてたのに、なぜ?しかも、引渡しの日は来週金曜日。あと1週間しかないのに、いきなりそこでくびって。。。


もちろん、経営が変われば方針やスタッフが変わるのは当たり前のことだけど、全員キープするとかいっといていきなりくびにするのは人としてありなんでしょうか。。もしそうするつもりだったんなら、はじめからそう言っておけば、みんな心の準備もするし、次の職探しももっと余裕を持ってできるのに。。


しかも、くびになったのは、全員経験のある一番お店を守っていたフルタイムの子達。ただの週1日2日働いているカジュアルの子をくびにするならまだしも、これで生活をたてている子達にこの仕打ちはないんじゃないでしょうか。全員すごくいい子で、お客さんの中にはファンもいて、中には毎朝きて朝ごはんをお店の前のテーブルでその子たちとお話しながら食べるのを日課にしている人もいるのに。


ほかのカジュアルの子たちもみんなそのフルタイムの子達が大好きで、みんなすごく楽しそうに働いていたのに、すごく残念です。


もうすぐイースターで、来月はパン屋にとって一番忙しい時期に入るのに、こんなんで大丈夫なんでしょうか。このままだと、残った女の子たちもみんな辞めていってしまいそうな予感。。


ベーカー部門のほうは、まあ今のところ全員が残れるみたいですが、給料UPをお願いしていたマネージャーと新しいオーナーの交渉が決裂してしまえば、マネージャーはここを辞めてもっと自分の家の近くのベーカリーで働くと言っています。


わたしも、今のマネージャー以外の人とまた一から働いて、人材不足でストレスでぼろぼろになるくらいなら、辞めてほかに移ろうと考えています。もう、あのマイケルやブライアンみたいな人たちとは働きたくない。。それなら、どっかほかのいいところに移って、自分自身をもっとスキルアップさせたいと考えています。


しかも、こんないいマネージャーをキープできないオーナーはかしこいとは言えないし、今後一緒にやっていけるとは思いません。イアンさえいれば、おかしいことはおかしいと、きちんとオーナーに言ってくれるし、変なベーカーが入ってくればすぐにくびにしてベーカリーをしっかり守ってくれるから、どんなオーナーと一緒に働いても大丈夫なんですが。。


さて、今後どうなるやら。。


揺れています。
【2011/03/24 13:46】 パン屋のこと | トラックバック(0) | コメント(4) |
『垢抜けてる?垢抜けてない?』
きょうは、Bigbearがお休みだったので、わたしの仕事が終わってからランチ+ウィンドウショッピングにサウスヤラへ。


お昼はここで頂きました。

cc2.jpg

Caffe e Cucina

内装もサービスも、ワインも料理も◎。
ウェイターさんたちのイタリアンなまりの英語は非常に聞きずらいですが、それがまたイタリア~ンな雰囲気をかもし出して素敵なかんじです。


お値段は少々お高めですが、今日はBigbearにごちになってしまいました。ありがとうございます。


さてさて、少々酔っ払い気味でウィンドウショッピングへ。サウスヤラにはお洒落な洋服屋さんがいっぱい。お店のウィンドウには素敵なドレスがいっぱい飾ってあって、まあ、着ることはないんだけど、見てるだけでなんかわくわくしちゃいます。

こっちの女の子たちは飲みにいったり、パーティに出かけるときはすごくすてきなドレスを着ています。やっぱ足が長くて胸がばーーんとある子はそういうのが似合っていいですね。


「こんなドレスをさらっと着て歩ける人になりたいなぁ」とわたしがつぶやくと、Bigbearが「おまえには無理だよ」と一蹴。。


その理由が・・・


垢抜けていないから・・・



・・・・


・・・ぐさり・・・


・・・・


足が短いとか、胸がないとかじゃなくて、垢抜けてないって。。。
なんか自分のファッションすべてを否定されたような気がします。


一応、お洒落とまではいかずともそれなりに出かけるときは気を使ってはいるつもりなんですが???


以下、その後のやりとりです


わたし;「えーーと。。どこらへんが垢抜けてない感じ?」
Bigbear(以下、B);「顔が垢抜けてない」
わたし;「じゃあ、化粧をばっちりすれば垢抜けるかしら??」
B;「いや、そういう問題じゃない。」
わたし;「じゃあ、髪型かなぁ」
B;「いや、変えてもおんなじでしょ。」
わたし;「じゃあ、どうやったら垢抜けるのさ?
B;「いや、どうやっても無理」
わたし;「そもそも垢抜けてるってどんな人さ?」
B;「うーーーん。。。。おれにもわからん。。」
わたし「おい


結局、わたしはどうやっても垢抜けれない、という話で終わってしまったのですが、まあ、そういわれれば昔日本でBigbearの会社に入籍のあいさつに行ったとき、専務さんに「Bigbearが結婚するって言うから、どんな子を連れてくるのかと思ったけど、なんか安心したよー」といわれたことが。。


安心??


要はぽっちゃり系のいなかくさい子ってことでしょうか。。


家に帰ってから、‘垢抜けている’を辞書でひいたら、
-上品な、優雅な、洗練された、都会風の-
と書いてありました。


こりゃあ、確かに違うわ。。


・・・ということで、Littlebear垢抜け計画はあきらめます。









【2011/03/23 16:54】 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。