『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『Bloody aussie Baker』
今日・・・・男の人を泣かせてしまいました。。


男の子じゃないですよ。。28歳の男の人です。。



ここ1年、ベーカリーはイアンがマネージャーになってすごく落ち着いていたんですが、昨年末に私もイアンもホリデーが必要なので、新しいベーカーが一人採用されました。



それが、今回私が泣かせてしまった男の人。名前はコリン。


すごくHappyな人で、やる気もまんまんで、はじめの2週間はすごくよかったんですが、私がホリデーから帰って入れ替わりでイアンがホリデーに行っている間、なんだかおかしなことに。。


しゃべってばかりで仕事は遅いわ、頼まれるまで絶対食器洗いに手をつけないわ、ショップの女の子にしゃべりかけるのに夢中で仕事の手がとまりっぱなしだわ、挙句の果てに毎日毎日焦がしまくっていつもごみばこはこげたパンでいっぱい。。。。


私はそのフォローで普段の倍以上疲れきっていました。


それでも、まだはじめたばっかりで仕事の流れや様子もわかってないし、たぶんイアンがいっつも鬼のような速さで働いてフォローしまくっているから、きっとそんなもんだと思っちゃってるんだろう・・・と思って、まあイアンが帰ってきたらもうちょっと仕事を覚えてもらえるだろう、そして色々焦がしちゃったりしたことから何かを学べるだろう・・と、自分に言い聞かせて黙っていたんですが・・・。


今朝・・・一緒に早く始めようとコリンから言われて朝1時に行ったのに奴はこない。。。電話をかけても電源が切れていてつながらない。。



まあ、2時にはもう一人別の人がヘルプで入っていたんで、きてもこなくて、もういいや・・・と思っていたんですが。



2時・・・コリンはあわててやってきました。手にお酒のびんを持って。。


どうやら、空いたやつではなく、仕事が終わってから飲もうと思っていものだったみたいですが、遅刻しといてこれはありえない。。。


何が彼に起きたのか私から聞く前に、彼はいままでクラブで飲んでいて、女の子と遊んでいたこと、電話のアラームをセットしていたのに、電源がきれていて時間に気づかず、気づいたときにはもう遅刻で、あわててタクシーに飛び乗ってきたんだと話し始めました。


ああ・・・この人も同じか。。。いままでの若いオージーのベーカーと一緒なんだ・・・ともうどうでもよくなった私は、あ、そう。。。とりあえず仕事しようよ。といってすぐに仕事にもどったんですが、彼はずーっとしゃべりっぱなし。


別に、仕事に遅れるのはだれにでもミスはあるし、それぐらいはいいのだけど、仕事に遅れたら自分が一生懸命働いて取り戻すのが筋ってものですよね。。


でも、奴はただひたすらしゃべってしゃべって。。まったく仕事がはじまらない。。とりあえず、これを終わらせようよ・・と言うんですが、ちょっとはじめてもまたしゃべり始めて手がとまってる。。


そして・・・挙句の果てには私が話しかけない・・・といってぶち切れはじめました。


え???ただ私は彼の仕事のフォローを必死でしていたんですが。。。完全に意味がわからない。。なんか、コリンはすっごい切れてトレーをがんがんしたり、Fワードを連発したり。。完全にだまりこんだり。。


あんまり意味わかんないんで、一体どうしたんだ・・と聞くと、私がまだ怒っているのが気に食わない、そんな少し遅れたくらいでどうしてそこまで怒るんだ・・・と。。。そこで、私は、いや別に遅れてきたことにそこまで怒ってんじゃなくて、いまは早くこれを終わらせたいし、あと、いままでの嫌な経験から、こうやって遅れてきた人に「いいよいいよ」って言ったら、絶対次もおんなじことを繰り返して、そして私や他の人ばかりに働かせても何にも思わなくなるから、ちゃんと言うようにしているんだ、と説明しました。


彼は自分はそんな奴ではないから心配するな・・・といって、その場は収まったんですが、数分後、また私がしゃべらない・・・といっていじけはじめ・・・・なんかまた切れ始め・・・もういいから、早く働こうよって言ってほっといたたんですが・・・気づいたら、泣いていました。


そして、私は理解しました。この人はまだお酒にすっごい酔っている。もしくはマリファナをやったあとなんだ。。。と。。。だから、感情をコントロールできていない。。


なんだか、すっごく怖くなりました。今日はもう一人いたからよかったけど、もし2人っきりだったら。。。


たぶん、今は何を話しても無駄だろうと思って、とりあえずほっといて仕事に集中してたんですが、今度はコリンがタバコを家に忘れた・・・と言っていらつきはじめました。そして、あと1時間半待てば店の前のスーパーが空くという時間に、待ちきれず、タクシーで家まで取りに帰ってまた戻ってきました。


いや。。。おかしいでしょう。


そして・・・仕事がほぼ終わってから。。彼は自分の生い立ちの不幸さやいまのつらい境遇を語り始めました。両親と14歳から離れて暮らさないといけなかったこと、自分には娘がいて、でもその娘は今は自分の父親が預かって育てていること、一人で住んでいて時々すごくさみしくなること。娘と一緒に住むためにもがんばってお金を稼ぎたいと思っていること。この職場はすごく好きなので続けたいと思っていることなど。。


確かに同情の余地はあるのですが、それでクラブで飲んで、遅刻して、タバコをとりに行くためにタクシーに乗っていたりしたら、一生彼の夢はかないません。それに気づいているのか、気づいていないのか。。


たぶん、この人はたぶん精神的にすごくもろくて、弱くて、どこかで支えが必要な人なんだと思います。


助けてはあげたいけど、でも、こういうちょっと危険な人と仕事をするのはちょっと怖い。。


とりあえず、イアンがホリデーから帰ってきたら話し合ってみようと思います。でも、この人の場合は、ただくびにするとかじゃなくて、本当に何か対策を考えてあげたいと思います。でも、2人っきりのシフトは避けさせてもらおう。。


まったく・・・オージーの若いベーカーはなんでみんなだめなんでしょうか。。


こう考えると、本当にイアンはベストのマネージャーなんだとしみじみ思います。誰にでも公平で厳しい。彼がいなかったら、私一人では絶対にコリンに対処できなかったでしょう。


それにしても、いっつも悩まされるのはこういうことばかり。。一緒に働くBakerはみんなこんなん。。
まったく・・・Bloody Aussie Bakerめ。。。

スポンサーサイト
【2011/01/16 09:29】 パン屋のこと | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。