『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『UGGブーツ』
最近、Youtubeで、日本のバラエティ内で某アイドルグループのメンバーがよくUGGのムートンブーツを履いているのを目にします。日本でも男女問わずかなり流行っているみたいですね。

5815-CHE_150.jpg



以前Sumireさんがこっちに遊びにきたときに、お土産で買うために色々調べたりしたので、その情報を私なりの独断と偏見もあわせて、ここでご紹介したいと思います。



この冬購入を考えていらっしゃる方、オーストラリアへ遊びにきてお土産にしたい方の参考になればと思います。


UGGブーツとは。。
もともとはオーストラリアやニュージーランド発祥の羊の皮と毛で作られたブーツ。

サーファーを中心に愛用されていたのが、2000年以降アメリカで流行し、セレブにも愛用されているのが紹介され、一躍世界のトレンドものとなりました。


このUGGブーツ、にせものがでまわっているとか色々言われていますが、そもそもUGGという名前はUgly(不恰好な)からきていて、ブランドの名前ではないのです。この羊の毛のムートンブーツのことをいうので、スニーカーとか、ブーツという靴の種類の名前と考えていただいてよいのではないかと思います。だから、どれがにせものでどれが本物とかいうことはないのです。


日本で有名な、芸能人とかがよく履いているUGGブーツはこちら。

UGG Australia


これが世間的には正規のブランドだといわれています。
日本では、渋谷の表参道HILLSにお店があるようです。そのほかにも、靴屋さんで取り扱っていて、上のサイトで調べられます。また、メルボルンではメルボルンセントラルにお店が入っています。


一方、世間的に偽者よばわりされちゃっているオーストラリア産ですが、オーストラリア国内に30件以上会社があるそうです。大きな会社で、ネット販売しているのはこちら。

Jumbo Ugg

Ugg Store


さて、どちらが偽者・本物と議論する気はないのですが、ここで私なりにそれぞれの特徴をお教えしたいと思います。


まず、正規店といわれているUGG Australiaですが、これ、Australiaって名前ついていますが、アメリカの会社のもで、Made in China です。なんで、Australiaで安くこれを買おうというのはちょっと違うんです。もちろん、日本とオーストラリアではシーズンが違うので、いい時期にあたればセールのものを買うことができますし、為替の関係で日本で購入するよりも安く買うことができるときもあります。あと、毎年新製品が出ているので、ちょっとかわったものやおしゃれなデザインのものが購入できます。


一方、偽者といわれているほかの会社のものは、正規店のUGGのものよりはかなり安く買えます。空港やお土産屋さんでも買えますが、インターネットで買ったり、OUTLETショップで買うとさらに安くなります。オーストラリア人の友人曰く、こっちのほうがオリジナルで、アメリカのやつはオーストラリアのものを勝手に作ったうえに名前をオーストラリアなんてつけて、そのほうが偽者、無駄に高いだけ・・・なんて言ってますが。。ここでもいろんなかたちや種類のものが買えますが、わりとUGG Australiaのデザインをぱくってる感を感じるのは私だけでしょうか。。これが偽者といわれてしまう所以なのかもしれませんが。


私は、UGG Australia、 Jumbo Ugg 両方のUGGブーツをそれぞれ一足ずつ持っているのですが、これが結構製品の特徴に違いがあります。


まず、UGG Australia のほうですが、こっちのほうは、縫製と靴底がけっこうしっかりしています。現在、いろんな有名メーカーの靴が中国で作られていることを考えると、こういった技術がしっかりしているのは納得の結果といえるのではないでしょうか。しかしながら、羊の毛がオーストラリア産なのか???というのは謎です。


逆に、Jumbo Uggなどのものは、完全にAustlalia産で、UGG Australiaのものと比べると、多少くたっと感があり、商品によっては、毛がはみでてたりしています。しかしながら、これらは会社によって違うし、一頭一頭の羊によっても違うそうです。ちなみに、私が感じた毛の気持ち良さは断然こちらのほうが上。すごくあったかいし、はだしにはいたらその気持ちよさにうっとりです。


どちらもそれぞれよい点があるので、最終的にどちらが良いとは言いがたいのですが、ファッションにすごくこだわりがある方には、やはり偽者呼ばわりされるのはしゃくだと思うのでUGG Australia のほうを・・・、そんなの気にしないよ、がんがん履きたいの、という方には、オーストラリア産のほうをおすすめします。まあもともとUGG=Uglyですからね。。


いじょう、何らかの参考になれば幸いです。。
スポンサーサイト
【2009/12/22 12:30】 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。