『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『その後』
えー。。。前回の続きです。


日曜日の朝・・・
もう辞職も覚悟してたんですが、結局、ブライアンはなにも言ってきませんでした。



しかも、なんかすごく一生懸命働いてました。。


良いことなんだけど、拍子抜け・・・


まあ、これがいつまで続くかわかりませんが。。。


とりあえずはこの問題も一件落着しそうです。



その後、オーナーとも個人的に面談をしました。
オーナーはその後の状況を心配してくれていて、そして、もっと溜め込まずにすぐに言いなさいと少し怒られました。。ここはオーストラリアで、みんなが意見を言えるとこだから、ボスとかも関係ないから・・・と。。


そして、わたしがすごく仕事を一生懸命やっていて、もとボスだったイアンを尊敬しているのはわかるけど、オーナーとして働いて10年、めったにそんなベーカーには出会えない、彼らはスペシャルなのだよ・・・と言われました。例えば学校のクラスに優秀な子が何人いたかい??・・と。。。


たしかに・・・そういわれれば、十数人いたクラスメートの中で、仕事で使えそうな子はほとんどいなかった。。。



だから、あなたはもっとスローダウンしていいし、彼らがスローダウンしたときにそのぶんの仕事をやろうとしなくてもいいんだよ・・・と言われました。



うーん。。なんか、お店や商品のため!!!ってかーーって仕事してたけど、こういわれるともう肩の力がっくり抜けちゃいました。


ま、日本だったらありえないですよね。経営者が仕事頑張り過ぎなくていいよ・・・なんていうのは。。。


なんか、3年目にして初のカルチャーショックかもしれない。
自分が正しいと思ってたものが覆された感じ。。


でも、3年前にこの国に来たのは、こういうイージーゴーイングなとこに惹かれたからだったはず。。。会社がすべてじゃなくて、のんびりやってなるべく楽して、自分の生活のほうに重きをおくところがすごくいいなぁ・・・と思ったから。。


そうおもうと、少し反省・・・。
私は自分で気づかないうちに日本のそういった完璧主義、会社主義なのを持ち込んで、自分で勝手にハードにしていたのかもしれません。



絶対お店や商品のためにはよくないとは思うんですが、そういう考えをもう捨てないとやっていけないのかも、この国では。。。しかもオーナーがそれでいいって言っているのだから。。



オーナーも、ブライアンは本当にどのベーカーとも問題を起こして、くびにしたいとは思うのだけど、次にいいベーカーを補充できるとは限らないし、以前のスティーフやクリスみたいなドラッグ中毒の件もあるから踏み切れないのだ・・・と教えてくれました。


たしかに、この国で働くのはいいけど、オーナーやるのは大変そうですね。。。



・・・ということで、とりあえずはブライアンがこうやってちゃんと働いてくれている間は、もう少しやっていこうかな。。。と思います。せっかく変わってくれたのに、はいさようなら・・では申し訳ないですし。。



次にやつがあまりに遅かったら、先に帰るか、自分も休憩をとります。。


それで店に商品が並ばなくても怒られるのは私ではない。。



オーナーには、とにかく私にハッピーになってほしいと言われました。
ついでに給料もUPしてくれました。



ブログを読んで頂いた皆様には心配をおかけしてすみませんでした。
今回のことで私自身もいろいろ学びました。。



すぐに頑張りすぎる、真面目すぎる、ため込みすぎるのは子供の頃からのわたしの悪いくせです。今年で30歳。いまから自分の性格を変えるのは難しいかもしれないけど、今回のことですこし変われるような気がします。


がんばりすぎない



純日本人なわたしには意外にこれがむずかしい。
でもそうすることで、もっと違う何かをみつけることができるのかもしれません。


スポンサーサイト
【2009/07/08 09:27】 パン屋のこと | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。