『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『ついに!』
オーストラリアに来て3年と3ヶ月。。。


やっとやっと永住権の申請が終わりましたーーーー!!!


勢いで「こっちに住む!!」と決めてしまってから、長かったような短かったような。。
でも、ここからがスタートです。
英語もまだまだ。仕事もまだまだ。
家も子供も犬も欲しい。
メルボルン以外へ旅行も行きたい。
欲を出せばキリがない。


永住権は発行されるまではまだ1年以上かかるかもしれないけれど、とりあえず申請しちゃえばまっている間はここにいれるし、いまのところ問題なしでとおる予定なんで、なんかいきなり法律とかで問題でもない限りは大丈夫でしょう。


たぶん・・・




さて、永住権とはなんぞや??とお思いの皆様へ少しご説明

永住権とは字のごとく、永久に住める権利、VISAです。
ちなみに観光VISAや学生VISA、ワーキングホリデーVISA,ビジネスVISAなどもあります。
しかし、これらは全部有効期限などがあったり制約があるので、ここに一生住みたい!という人にはこの永住権が必須なのです!


永住権は基本的にポイント制になっており、合計120点以上になると申請できます。
職業やスキルでのポイントが大きく、特に医療系のポイントは高いです。


私は
・年齢30歳以下(若ければ若いほどポイント高し)
・bakerの資格(学校に通って取得)
・2年間オーストラリアの学校に通ったこと(上記Bakerの資格とあわせてとれます)
・900時間以上のBakerとしての職業経験
・配偶者が政府の指定されたリストに載っている資格と900時間以上の職業経験をもっている
・日本の4年生大学を卒業している
・IELTSという英語の試験で規定の数値に達している
などの得点を合計してとりました。


このほかにも、州のサポート制度とか、親戚がこっちに住んでたりするとさらにもらえるのとかもあるらしいです。


私の場合は、Bigbearの分と日本の大学分の得点があったぶん、非常にラッキーでした。
これがなかったら、英語の試験でもっと高い点をとるか、卒業後に1年半働き続けないととれなかったんで・・・。


このほかにも、やれ日本の戸籍が必要とか、健康診断とか、無犯罪証明書とか、働き先のオーナーからの手紙とか、なにかとめんどくさかったです。。


ま、終わりよければすべてよし!
これからは働いてお金稼いで、使って、オージーライフを楽しみます!
スポンサーサイト
【2009/06/01 11:00】 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。