『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『暴行事件』
ここメルボルンの季節は初夏、すばらしい青空・心地よい風。。。
う~ん、梅雨がないってすばらしい。
(北海道でも梅雨なしだったけどね。)


でも、そんな気持ちのよい天気とは反対に今日はショッキングなニュースがうちのクラスを襲った。


クラスメートの男の子が、バイトへ行く途中に襲われたのだ。


犯人は4~5人のアフリカ系の男たち。場所はカーネギーステーション。彼のバイトはわたしと同じパン屋さんだから、深夜からスタートする。なので、時間は夜の11時くらいだったらしい。


彼は突然襲い掛かられ、財布を奪われ、殴られ、流血したらしい。
そして、襲われてから3日たった今でも、彼の右目は真っ赤に充血し、目の周りは痛ましいほど膨れ上がり、青くなっていた。


ここ、オーストラリアに来た当初は、オーストラリアは日本に比べたら治安が悪いといわれ、気をつけていた。でも、最近は慣れてきたし、身の回りにそんな事件もなかったので少しづつ安心しはじめていた・・・矢先のこのショッキングなニュース。
深夜だったとはいえ、まさか、人々が普通に行き交う駅でこんな事件が、しかも身近な人間におこるなんて・・・。


これが女の子だったらついでに性的な暴行もされてしまうかもしれない。
考えるだけで恐ろしい。。。



気温の上昇とともに、危険なことも増えてくる。


襲われてしまったら、護身術などなにひとつ習っていないわたしはなにもできないけど、人気のないところへはいかない、夜は一人で出歩かない等、最低限のことは常に心に留めておこうと思う。




スポンサーサイト
【2007/10/17 16:19】 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(6) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。